異常気象・大地震時における登校について
 
 
登校は,常に安全を第一と考えて自らの生命を守るよう心がける。
 
1 異常気象・大地震時の安全登校
 
(1)大雨による土砂くずれや冠水箇所等の通行には,迂回をするなど危険のないようにする。
  また,大雪による冠雪箇所の通行にも,スリップなどしないよう十分注意を払って登校する。
 
(2)道路・橋の破壊等あるいは,大雪によって登校が危険と判断される場合は,登校しない。
 
(3)道路の冠水や豪雨,その他危険が予想される場合は,状況を学校へ連絡し,自宅で待機する。
 
2 警報発令時の処置
 
「暴風警報」,「暴風雪警報」,「特別警報」
のいずれかが
「愛知県全域」または「愛知県西部」または「知多地域」または「大府市」
に発令されたとき,次の内容のことにしたがって行動する。
 
(1) 登校途中で警報が発令されたことを知った場合,すぐに帰宅する。
(2) 学校の休業日に警報が発令された場合は,部活動等で登校しない。
(3) 暴風警報が解除されたときでも,道路や橋の破壊と腕登校に危険が伴うと判断される場合,登校しない。
(4) 登校前における警報発令と時刻の行動は,以下のことを基準にする。
 
解 除 時 刻 授  業 給  食
  〜 午前 6時30分 平常授業 平常の献立で実施
午前 6時30分〜10時00分 解除2時間後に開始
午前10時00分〜11時00分 簡易献立で実施
午前11時00分 〜 休  校 なし
 
3 登校後の異常気象における処置
 
(1)先生の指示に従い,できるだけ早く一斉下校ができるようにする。
(2)その他非常事態が発生した場合や予想される場合も,適切に判断して行動する。
(3)担任の先生の指示に従い,下校後安全に帰宅したことを伝える。
 
 
4 大規模地震に対する措置
 
(1)東海地震注意情報が発表されたとき
 ア 生徒が在校中の時は,授業や部活動等を中止にし,あらかじめ定められた方法により速やかに下校
 イ 登校中の時は,速やかに帰宅するよう指導
 ウ 在宅中の時は,休校として登校しない
 
(2)東海地震予知情報(警戒宣言)が発表されたとき
 ア 在校中の時,生徒を学校内に保護する。
 イ 教職員は,人員確認をした後,保護者(又は保護者に代わる人)であることを確認し,引き渡す。
 ウ 引き取りのない生徒については引き取りがあるまで校内において保護する。
 
  
  「お知らせ」のINDEXへ